外国人技能実習制度

この制度は、法務省・外務省・厚生労働省・経済産業省・国土交通省の
5省共管で設立された公益財団法人国際研修協力機構(JITCO)の
指導に基づき行われている公的制度です。
日本の各企業と同じ職種に就労している若い人材を一定期間、
労働関連法令適用のもと雇用契約を結び、
日本の企業に受け入れて技術・技能や知識を習得させ、
母国に帰り経済発展に役立ててもらう事を目的としており、
日本の国際協力・貢献の重要な一翼を担っています。
当組合では、この制度をよくご理解いただいたうえで
技能実習生の受け入れを行っております。


技能実習生とは

技能実習生は、日本で修得した技能等を帰国後に発揮することにより、
自身の職業生活の向上や母国の産業・企業の発展に貢献することができます。
技能実習生は、技能実習1号終了時(通常は1年)に
「移行対象 職種・作業」に関する技能検定基礎2級等に合格し、
在留資格変更許可を受けることで技能実習2号へ移行することができます。
技能実習生が日本に滞在できる期間は、
技能実習1号と技能実習2号を合わせて最長3年となります。


受入可能人数

技能実習生の受入れ可能人数は、
技能実習生の受入れを希望する
企業様の従業員数によって変わってきます。
受入れ企業常勤社員数は雇用保険加入者の人数となります。
企業常勤社員数50人以下の例では、
下記のように受け入れを開始して3年目以降には、
最多で常に9人の技能実習生が
受入れ企業様で活躍出来ることになります。








-技能実習の流れ-

<入国前>加入・入選(約1ヶ月)

制度説明・組合加入
 ・実習制度についてのご説明や、
  雇用に向けてのご提案をします。
書類or現地面接
 ・ご希望される実習生の募集条件などを記入していただき、
  送出機関に通知します。
  送出機関で候補者を募集後、
  書類または現地面接を実施し実習生を選抜します。

<入国前>申請~認定(約3~4ヶ月)

現地での事前教育開始
 ・信頼おける送り出し機関の教育センターにて
  選抜された実習生は日本語教育の指導を受けます。
申請書類提出
在留資格認定証明書発給
ビザ発給・入国
※すべて当組合が手続きを行います。

<1年目>技能実習1号(口)

講習開始(約1ヶ月)
 ・入国日より当組合の講習施設にて
  日本語、文化・法律、安全性、生活マナーを中心とした講習を行います。
企業配属・技能実習開始(11ヶ月)
 ・組合加入から約半年程で貴社へ配属させていただきます。
  配属後も毎月の巡回等でフォローやバックアップします。
技能検定実習開始
 ・技能実習2号への移行時期の2~3ヶ月前に
  技能検定試験を受験します。
  合格者のみ技能実習2号へ移行します。

<2・3年目>技能実習2号(口)

在留資格の変更・更新
 ・全て当組合が手続きを行います。
実習終了・帰国
 ・3年間の思い出と修了証書を持って帰国します。
  日本で学んだ技術や経験を母国へ持ち帰り、自国の発展に役立てます。

-お問い合わせはこちらから-

お問い合わせ